おすすめ記事

このサイトの管理人について

当WEBサイトの管理人は学校を卒業してから介護の仕事をはじめ、転職しながら幾つかの福祉関連の仕事を経験してきました。そうした経験の中から学んだ福祉の仕事の実態やその具体的な職種についてなどの情報提供を行うことで、福祉の仕事に関心を持ってくれる人が増えて欲しいと思っています。なお当WEBサイトへのご意見ご要望はhukushi_tensyoku@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

未経験こそ重要

介護など福祉の仕事経験の無い方が福祉の世界へ転職をしようとする際にとても大切になるのが自己PRと志望動機の作成です。これらは転職先に提出するエントリーシートや履歴書などにも記載しますし、面接でもほぼ間違いなく聞かれる質問です。自己PRは読んで字のごとくあなたの強みや価値観などを相手に理解してもらい自分をPRする内容、そして志望動機はその転職先で働きたいと思う理由です。
就業経験のある業界への転職活動の場合も自己PRや志望動機はもちろん大切なのですが、その場合はそれ以上にこれまでの業務経験の事実確認が中心になりますし、それで十分相手のことを理解できます。しかし就業経験の無い業界への転職の場合は採用担当者もこれまでの業務経験を聞いただけではわからないことが多いので、自己PRや志望動機で判断をするしかないのです。

具体例やエピソードを

これは自己PRの作成と志望動機の作成の両方にいえることなのですが、それぞれ具体例やエピソードなどを交えて話せるようにしておきましょう。例えば自分のPRポイントが他人の役に立つことが好きであることや、そのために努力や工夫を惜しまないことであったとしても、それをそのまま伝えてはあまり説得力がありません。しかし実際に過去に家族や親類の介護を経験したことがあればその例を交えつつ話すことで説得力が高まります。なお介護のなどの直接的な経験でなくとも補強できるエピソードであれば構わないので、学生時代のアルバイトの経験からでも構わないですし、仕事の中でホスピタリティを発揮した経験でも構いません。

自己PRの書き方

先ほどもお伝えした通り自己PRは自分の強みや価値観を伝えるわけですが、福祉の世界に転職をするための自己PRなのだということを意識して内容を考えましょう。例えば気配りの力や相手に対する観察力を発揮した経験などは福祉の仕事に対する自己PRとして有効ですが、凄く計算が早いなどの特技であれば福祉の業界へのPR内容としてあまりふさわしくはないです。相手がどういった能力を持った人間を採用したいと思っているのかを考える視点は転職活動を行っている間は常に持つべきです。

志望動機の書き方

志望動機ではどうして自分がその転職先で働きたいのかを伝えるのですが、特に福祉の世界で働きたいという想いを相手に伝えることを意識してください。ここでも具体例やエピソードが大切でどんな経験から福祉の世界で働きたいと願うようになったのかを具体的に伝えられると相手への説得力が高まります。福祉の世界で働こうというからには人の役に立ちたいという気持ちが強いと思うので、そうした気持ちを抱いた経緯や自覚したエピソードなどを伝えると良いでしょう。