おすすめ記事

このサイトの管理人について

当WEBサイトの管理人は学校を卒業してから介護の仕事をはじめ、転職しながら幾つかの福祉関連の仕事を経験してきました。そうした経験の中から学んだ福祉の仕事の実態やその具体的な職種についてなどの情報提供を行うことで、福祉の仕事に関心を持ってくれる人が増えて欲しいと思っています。なお当WEBサイトへのご意見ご要望はhukushi_tensyoku@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

介護福祉士とは何か

福祉に関する仕事を検討する上でまず押さえておいて欲しい職種が介護に関する職種であり、その中でもまずは入り口の仕事としておすすめの介護福祉士については是非理解を深めてください。介護福祉士は身体能力が欠けているか失ってしまった人のために介護サービスを提供する仕事になり、高齢化社会の進行とともに今後加齢によって要介護状態になる方が多くなることが予想されている今の日本ではとても求められている存在です。

介護福祉士の仕事内容

具体的な介護福祉士の仕事内容を見ていきましょう。まずメインの仕事は身体に関する介護になります。これは介護福祉士の仕事の中でも代表的な仕事といえるでしょう。例えば食事や入浴、それに着替えや排泄などの補助になります。これらは健常な方であれば日常生活の中で特に問題なく行える作業でしょうが、加齢や何かしらの病気によって手足を上手くコントロールできなくなったり動かせなくなったりしてしまえば満足に行うことができませんので、介護福祉士のサポートを必要とします。また身体介護に近い内容として生活のサポートも極めて重要な提供サービスになります。例えば調理などの食事の準備、それに買い物や生活空間の掃除などです。特に在宅でサービスを受けられる方に対してはこのサービスを提供する割合が多くなります。身体介護を受けるほどではないのだけれども生活のサポートは必要だという方は多くいるのです。

コミュニケーションがポイント

また身体介護や生活のサポートなどの物理的な仕事の他にサービス利用者の方とのコミュニケーションも介護福祉士の大切な仕事になります。言い換えるとサービス利用者の方のためのメンタルケアといえるでしょう。病は気からという言葉もありますが人間はどうしてもその時のメンタル状態によって体調に影響が出ます。また介護サービスを利用される方の多くはかつて十全に発揮できていた身体能力が発揮できなくなってしまい介護サービスを受けることに対して大なり小なり忸怩たる思いを抱いていますので、健常な方に比べて落ち込みやすいし精神状態も不安定になりがちです。メンタルケアの方法は介護を提供する際に明るく話しかけたり相手の話をきちんと聞いたりなどのコミュニケーションによって行われますが、時にはレクリエーションなどを企画して相手を元気付けることもあります。

資格取得のメリット

介護福祉士を目指すにあたっては専門の資格がありますのでその資格を取得できるように頑張りましょう。資格がなくとも業務に従事できるのですが実行できる業務に制限がつき、食事の準備や掃除など簡単な仕事しかできなくなってしまいます。